事業活動報告

「生涯ゲンキ!現役で!をめざす講演会」開催報告(令和3年度)

 3月15日(火)に市民啓発講演会「生涯ゲンキ!現役で!をめざす講演会」をオンラインで開催しました。
 講師には、鳥取大学医学部教授 浦上克哉先生に「自分のために!家族のために!~今日から始める認知症予防!人生を楽しもう~」をテーマにお話ししていただきました。
 認知症予防には発症予防だけでなく、病気になった人の進行防止も予防であることや、コロナ禍における認知症予防の重要性、とっとり方式認知症予防プログラムについての解説など、わかりやすくお話していただきました。
 講演後の受講者アンケートでは『家族が認知症になってしまい、気を付けるべき点や未来の自分のために受講したが、大変勉強になった(50代)』『全国でもレベルの高い地方医療機関を生かして健康医療都市米子をめざして欲しい(60代)』『とっとり方式認知症予防プログラムを米子市でも取り入れて欲しい(60代、70代)』『認知症が思っていたより身近にあると実感した(20代)』『会場で先生のお顔をみて聞ければよかったが、オンラインでも先生のお話がストンと腹にはいってきて、とてもよい講演会だった(60代)』など、大満足の感想を多くいただきました。
 会場開催ができなかったことは、主催者としても遺憾なことでありましたが、次年度にはまたよりよい講演会が開催できますよう考えていきたい所存です。  
     
【主催】米子市生涯現役促進協議会<米子市・(公社)米子広域シルバー人材センター・(一財)米子市勤労者福祉サービスセンター・(社福)米子市社会福祉協議会・米子商工会議所・米子日吉津商工会>
2022年3月24日

シニア人材活躍推進セミナー開催報告(令和3年度)

2月9日(水)、24日(木)にシニア人材活躍推進セミナー(オンライン)を開催しました。

 <セミナー概要>
 ●テーマ
  9日 人材不足解決方法~優秀な人材を確保するには~
 24日 人材育成、即戦力として定着、活躍してもらうには

 ●講師 株式会社リクルート ジョブズリサーチセンター
  センター長 宇佐川 邦子 氏

 山陰地方は全国の中でも求人しても人が集まりにくい地域であるなど、山陰の労働市場の現状や、優秀な人材を確保するための求人方法、人材育成の方法、また業種別のシニア人材の活躍事例を具体的にあげてお話していただきました。
 コロナ禍で、シニアの求人は厳しい状況も見受けられますが、建設、小売、警備、運輸などの業種は人手不足に悩んでおられます。どのようにすればシニアが自分の希望通りに働け、企業の側にとっても有益な人材を確保できるかを解決できるようなセミナーを今後も考えていきたい所存です。

【主催】米子市生涯現役促進協議会<米子市・(公社)米子広域シルバー人材センター・(一財)米子市勤労者福祉サービスセンター・(社福)米子市社会福祉協議会・米子商工会議所・米子日吉津商工会>

2022年3月24日

からだ測定会・しごと相談会開催報告(令和3年度)

しごと体力測定 「部品組み立て」

  • しごと体力測定「いすの立ち上がり」

  • しごと相談会風景

 10月27日(水)に「からだ測定会・しごと相談会」を開催しました。
 参加者の方に安心してご参加いただけるよう、コロナウイルス感染症防止対策を入念に行いつつ、実施しました。

 測定会では、しごと体力に関する「握力」「いすの立ち上がり」「部品組み立て」の3項目、次にタブレットを使用して「しごと処理力」「しごと個性」の測定を行いました。

 しごと個性では、「しごとをする上で知っておきたい自分の個性」が、例えば「あなたはエネルギーに満ちたシロクマタイプです」「あなたは意外と活動的なウサギタイプです」などのように、8つの動物タイプで表現されます。
 参加者の方からは『とても当たっている』、『意外!自分はこんな性格ではない』など様々な感想をいただきました。

 からだ測定終了後は、参加者13名中12名の方が「しごと相談会ブース」へ行かれ、測定結果も参考にしながら、担当者の方と仕事について相談をされました。

 本測定会の参加者アンケート結果の一部をご紹介します。

〇本測定会の参加理由
 『自分の体力測定をしたかったから』が80%以上、次いで『自分のしごとの適性を知りたかったから』、『しごとを見つける足がかりにしたいと思ったから』でした。

〇測定会全体を通じて『満足』と答えた方の理由
 『しごと体力を知ることができたから』が70%、次いで『同年代と比較して自分の力や特性がわかったから』『しごとを見つける足がかりにできそうと思ったから』『測定会自体が楽しかったから』でした。

〇測定結果を受けて、どのように感じたか
 13名全員、100%の方が『自身の体力を維持・向上しようと前向きになった』と回答されました。

〇測定結果を受けてお勧めされた仕事について就労意欲は湧いたか
 からだ測定により、適性が高いと分析された仕事に対して、13名全員の方が、『就労したい』『興味を持った』など、強い関心を持っていただけたようです。

 後日、協議会の運営する生涯現役相談センターにも求職登録・相談に来られた方が複数名おられました。測定会・相談会がモチベーションアップにつながったと考えます。
 これからも求職者の方の就労に役立てるような企画を立ててまいりますので、皆さまも情報のアンテナを張り巡らして、就労、社会参加に役立ててください。


2021年11月17日

生涯現役活動セミナー開催報告(令和3年度)

セミナー風景①

  • セミナー風景②

 生涯現役活動セミナー「シニアのためのスマートフォン実用講座<初級編>」を9月8日、22日、10月6日に開催しました。新型コロナウイルス感染症拡大の影響を受け、当初4回のセミナーが3回となり、受講者の方にはご迷惑をおかけしましたが、9月からの3回は無事に実施することができました。
 受講者アンケートのご意見、ご感想の一部を紹介します。

・あと5,6回は講座を受けたい。
・LINE、Zoomに接続できるか心配したが、何とか接続できてよかった。
・LINEもZoomもよく理解できた。
・横文字が多く、意味のわからないまま講義を受けたので理解するのに時間がかかった
・もっといろいろ知りたい。
・あいまいな点を聞く時間がなく、あっという間に終わってしまった。
・<初級編>ということで気軽に申し込んだが、第1回目を受講し、「とんでもないことだった」と気づいたが、受講したおかげで人任せにしていたスマホの第1歩を知ることができてよかった。

など率直なご意見、ご感想をいただきました。

 「スマートフォン」のセミナーは初めての開催でしたが、定員をはるかに超える申込数があり、これからの「デジタル社会」へ向けて備えようとするシニアの方の意気込みを強く感じました。

 本年度の生涯現役活動セミナーは終了しましたが、今回のセミナーの良かった点、改善すべき点を次回のセミナー運営に役立ててまいる所存です。 来年度もご期待ください!

2021年10月12日

「生涯ゲンキ!現役で!をめざす講演会」開催報告(令和2年度)

講演風景①

  • 講演会風景②

  • 講演会風景③

  3月26日(金)、米子コンベンションセンター小ホールにて市民啓発講演会「生涯ゲンキ!現役で!をめざす講演会」を開催しました。
 講師には、ご自身も生涯現役で活躍されている住田裕子氏(弁護士)をお招きし、お話ししていただきました。
 コロナ禍で会場定員より人数を縮小しましたが、テレビ出演も多く、著名な住田氏のご講演とあって会場、オンライン含め約150名の方が受講されました。
 住田氏にはコロナ禍における生活様式の変化の中でどう対応していくか、健康寿命を伸ばし、就労や社会参加をして活躍していくための3つの大切なポイントなどについてお話ししていただきました。また、事前に収集した受講者からの「生涯現役で活躍するには」をテーマにした質問にも丁寧に答えていただきました。
  講演会後の受講者アンケートの感想では、『わかりやすい話し方でよかった、楽しい時間が過ごせてあっという間の時間だった。』『講演はもちろん、お顔を拝見できて元気がでた。』『歌いながらの体操を教えてもらってよかった。』など、賞賛の声が多く寄せられました。
 住田氏には初めてご講演をいただきましたが、実際にお会いしてみると、まさに「生涯現役」実践者、ハツラツとした元気オーラを感じました。
 次年度もみなさんが『元気ハツラツ!頑張ろう』という気持ちになれるような講演会を企画したいと考えています。ご期待ください!
2021年3月31日

←前の情報を表示 | 次の情報を表示→

12

トップページ

ページの先頭

Copyright(c) 2017-2022 米子市生涯現役促進協議会 All rights reserved.